ディスコ

ディスコ名曲ランキング~トップ20

ディスコ・ミュージックの名曲ランキングです。史上最高のシングルのトップ20を一覧にしました。1970年代や80年代の有名な曲や懐かしい定番ソングがそろっています。いずれも洋楽(外国の曲)です。アメリカのサイト「Top Tens」が一般読者の投票によって選びました。2016年5月時点の結果です。(MOVE)

順位 曲名とアーティスト ジャケット
「恋のサバイバル」
(I Will Survive)
1978年

グロリア・ゲイナー
(Gloria Gaynor)

動画→

試聴(Amazon)→

1970年代のディスコ全盛期を象徴するアンセム。 女性の強さや自立をテーマにしている。 男女平等やゲイ(LGBT)の人権を訴える際のテーマ曲としても長年親しまれている。

それまでのディスコソングといえば、 ボーカルの上にコーラスを何重にもかぶせたり、 楽器の音を派手に組み合わせた曲が多かった。 しかし、この曲はゲイナーの声だけで勝負し、シンプルなサウンドにした。 最初は別の曲のB面として発売されたが、 米国のラジオのDJたちがこの曲を気に入り、 盛んに流したため、大ヒットとなった。

グラミー賞で1980年に一度だけ「ディスコ・レコード賞」が設けられたが、 この曲が受賞した。 2000年にアメリカの音楽専門チャンネル「VH1」が選出した「史上最も偉大なダンス音楽ベスト100」において、 1位に選ばれた。
「ステイン・アライヴ」
(Stayin' Alive)
1977年

ビー・ジーズ
(Bee Gees)

試聴(Amazon)→

ディスコ時代に大流行した青春映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のテーマ曲。 映画の冒頭でジョン・トラボルタが街を闊歩するシーンで流れる。 日本でも超有名な曲。

ローリングストーン誌が2012年に読者投票で選んだ「史上最高のディスコ曲(Best Disco Songs of All Time)」では、1位に選ばれた。

映画のシーン→
「アイ・フィール・ラヴ」
(I Feel Love)
1977年

ドナ・サマー
(Donna Summer)

試聴(Amazon)→

「ディスコの女王」として君臨したドナ・サナーの代表曲。 EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)の源流の一つとなった曲として歴史的評価を得ている。 「未来の雰囲気を描く」というコンセプトのもとに制作されたという。 それまでの多くのディスコ音楽のようなオーケストラを使わず、 シンセサイザーで作った。
「ディスコ・インフェルノ」
(Disco Inferno)
1977年

トランプス
(The Trammps)

試聴(Amazon)→

映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサントラ。 ジョン・トラボルタが演じる主人公トニーがディスコで踊るシーンで使われている。

サタデー・ナイト・フィーバーのシーン→
「おしゃれフリーク」
(Le Freak)
1978年

シック
(Chic)

試聴(Amazon)→

「Freak out!」というフレーズでお馴染みのディスコソング。 ディスコの怪しげな雰囲気がにじみ出る曲。

700万枚以上のセールスを記録した。 さらに、様々なアーティストがカバーやサンプリングを行い、ヒットさせた。 バンドの中心メンバーであるギターのナイル・ロジャースとベースのバーナード・エドワーズが作曲・作詞した。 もともとは、ニューヨークの伝説的なディスコ「スタジオ54」が入口で長々と客を待たせていることに苦言を呈するための曲だったという。

動画→
「ダンシング・クイーン」
(Dancing Queen)
1976年

アバ
(ABBA)

試聴(Amazon)→

スウェーデンの4人組アバの代表曲。 ヨーロッパ産ディスコ音楽の最高傑作とも言われている。 世界15か国で1位になった。

日本でも洋楽カラオケの定番。 これを歌えば、たいていは盛り上がる。 アバの曲に基づくミュージカル「マンマ・ミーア」でもハイライトで使われている。
「恋のナイト・フィーバー」
(Night Fever)
1977年

ビー・ジーズ
(Bee Gees)

動画→

試聴(Amazon)→

ディスコ全盛時代を象徴する映画「サタデーナイト・フィーバー」のサントラ。 グルーヴィーでぞくぞくするようなディスコソングの定番。 「ポップ職人」とも呼ばれるビージーズらしく、 ディスコフロアの雰囲気を見事につかんでいる。

米ビルボードの1978年の年間チャートで2位。 日本でもオリコンの週間チャートで2位となる大ヒットとなった。
「イッツ・レイニング・メン」
(It's Raining Men)
1983年

ウェザー・ガールズ
(The Weather Girls)

試聴(Amazon)→

「ゲット・ラッキー」
(Get Lucky)
2013年

ダフト・パンク
(Daft Punk)

試聴(Amazon)→

10 「サニー」
(Sunny)
1976年

ボニーM
(Boney M)

試聴(Amazon)→

11 「ホリデイ」
(Holiday)
1983年

マドンナ
(Madonna)

試聴(Amazon)→

12 「ファンキータウン」
(Funkytown)
1979年

リップス
(Lipps, Inc.)

試聴(Amazon)→

13 「セプテンバー」
(September)
1978年

アース・ウィンド&ファイアー
(Earth, Wind & Fire)

試聴(Amazon)→

14 「今夜はブギ・ウギ・ウギ」
(Boogie Oogie Oogie)
1978年

テイスト・オブ・ハニー
(A Taste of Honey)

試聴(Amazon)→

15 「バッド・ラック」
(Bad Luck)
1975年

ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ
(Harold Melvin & the Blue Notes)

試聴(Amazon)→

16 「ハング・アップ」
(Hung Up)
2005年

マドンナ
(Madonna)

試聴(Amazon)→

17 「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」
(Play That Funky Music)
1976年

ワイルド・チェリー
(Wild Cherry)

試聴(Amazon)→

18 「今夜はドント・ストップ」
(Don't Stop Til You Get Enough)
1979年

マイケル・ジャクソン
(Michael Jackson)

試聴(Amazon)→

19 「アイム・セクシー」
(Da Ya Think I'm Sexy?)
1978年

ロッド・スチュワート
(Rod Stewart)

試聴(Amazon)→

20 「アイ・ラヴ・ミュージック」
(I Love Music)
1975年

オージェイズ
(O'Jays)

試聴(Amazon)→

出典:Greatest Disco Songs - The Top Tens